スマートフォン版はこちら

ぺリオメント.SA-I

トップページ > ぺリオメント.SA-Ⅰ > 歯周病の恐ろしさ

歯周病の恐ろしさ

現代人は「隠れ歯周病」!?

お母さんからお子さんへの食事の口移し。食器の使いまわし。恋人とのキス…。歯周病は、日頃の何気ない日常から「感染」する恐ろしい病気です。『全世界で最も患者が多い病気は歯周病である。地球上を見渡しても、この病気に冒されていない人間は数えるほどしかない』(引用:ギネスブック2001、きこ書房)というほど、30歳以上で実に8割以上の人が歯周病予備軍となる身近な「病気」なのです。

自覚症状もなく、気づいた時にはもう病魔が進行している… それが歯周病。同じ感染症でも、インフルエンザや性病には皆、気をつけているのですが、歯周病には無頓着な人が多いのが現状です。
それは歯周病の本当の恐ろしさが知られていないからでしょう。歯周病が進行すると、重度の歯肉炎になり歯が抜け落ちてしまう危険性があるだけでなく、放っておけばとても怖い内臓系の病気の原因になってしまうことがわかってきています。

歯周病が関与している病気

歯周病の原因は生活の中!?

近年は、成人だけでなく子供にも患者が増えています。
大切な家族に歯周病を感染させてしまうことはとっても悲しいことです。歯周病のことをもっとよく知り、きちんと対処することは、これからもずっと大切な人と健やかに暮らしていくためにとても大切なことなのです。

歯周病菌は、無意識のうちに口内に侵入し私たちを蝕んでいきますが、原因は何気なく過ぎていく毎日の生活の中にたくさん潜んでいます。日々の食事や生活リズムの変化、気付かないうちのストレスなど、思わぬところに落とし穴があります。
昔は成人の病気と言われていた歯周病ですが、現代では子供たちにも増えています。大切な子供たちのためにも、毎日の生活習慣から改善していくことが重要です。

トップページ | ぺリオメント.SA-Ⅰ | インプラント治療 | 診療理念 | アクセス方法 | 当院の症例 | お問い合わせフォーム | プライバシーポリシー
歯周病の恐ろしさ | 従来の保険治療のリスク | ぺリオメント.SA-Ⅰ治療の流れ | インプラント治療の流れ