江東区 門前仲町 歯科 歯医者 | サイオーラルクリニック

HOME サイトマップ

Perioment.SA-Ⅰ ぺリオメント.SA-Iについて

歯周病治療の未来を切り開く、新しい概念の次世代テクノロジー

Perioment.SA-Ⅰ

従来の歯周病(ペリオ)※1治療は痛みを伴い、また長期間の通院が必要でした。わたしたちが提案するのは、まったく新しい歯周病治療「Perioment.SA-Ⅰ(ペリオメント.エスエーワン)」です。
「Perioment.SA-Ⅰ」では最先端の高性能レーザー(Nd:YAGチタンサスペンションシステム)と極めて殺菌力の高い電気分解水(=高濃度次亜塩素酸水)※2の組み合わせで実質的に1日の施術で口腔内の歯周病菌をほぼゼロにすることが可能となるのです。
新しい発想から生まれた歯周病治療で、健康なお口を取り戻しましょう!

※1「ペリオ」とは、歯周病または歯周病治療を意味します。
※2 純度99%以上の食塩で精製された、極めて殺菌力の高い電気分解水

Perioment.SA-Ⅰのポイント

1.「治療時間の大幅な短縮に成功!」

従来の歯周病治療は、局部麻酔を行ない、さらに部位を数段階に分けて治療していたので時間がかかりました。しかし、Perioment.SA-Ⅰなら1日で歯周病の初期治療が完了します。

2.「無麻酔なのに痛みなし!」

Perioment.SA-Ⅰは麻酔を使わずに行う治療です。最先端の高性能レーザー(Nd:YAGチタンサスペンションシステム)が鈍麻効果をもたらすため、無麻酔で痛みはほとんどありません※1
※1痛みには個人差があり、極稀に微量の麻酔を使用することがあります。

3.「Perioment.SA-Ⅰは専門医による匠の技術!」

Perioment.SA-Ⅰは世界初の治療法!
Perioment.SA-IはDr.SAIが世界で初めて考案した治療法で、Dr.SAIから直接技術指導を受けたドクターのみが行っております。

4.「アフターケアも万全です!」

専任の歯科衛生士が、高濃度次亜塩素酸水を使用した正しいブラッシングケア方法を丁寧に指導しますので、施術後のケアも万全です。

「Perioment.SA-Ⅰ」と「免疫力」の関係

口腔内から全身の健康へ…

歯科と医科のプロフェッショナルが組んだ最先端の医療技術の集大成、それが
「Perioment.SA-I(ペリオメント.エスエーワン)」なのです。

Perioment.SA-Ⅰでは歯周病と免疫力の関係に着眼しています。 口腔内の歯周病菌を長期間放置しておくと、それを攻撃しようとする体内の免疫(≒NK細胞)が無駄に消費され全身の免疫力が低下し、逆に歯周病を駆逐すれば全身の免疫力がアップするのでは?という仮説を立て、東京クリニック 照沼 裕先生のご協力をいただき、実際にPerioment.SA-Ⅰの施術前後に免疫検査を実施しました。

その結果、多くの方々の血中のNK細胞の活性率が増加、または適正値に調整され免疫力の向上に一定の効果があるという結果を得る事ができました。

NK細胞の数に関するグラフ

■NK(ナチュラルキラー)細胞
大型顆粒リンパ球とも呼ばれ、体内をパトロールしながら腫瘍細胞や、ウイルス感染細胞などを発見すると独自の判断で殺してしまう頼もしい細胞。

■「免疫」はこれからの研究が期待される未知の領域です。
私たちはNK細胞の活性率が免疫力に一定の影響を与えるという見地に立ってデータを検証しています。

さらに免疫力をアップさせたい方は
Perioment.SA-Ⅰ+NK療法!

Perioment.SA-Ⅰでは、免疫力に影響があるといわれているNK細胞の活性率の変化を診るため、施術前後に血液採取による免疫検査を実施し、皆さまに免疫力のデータを提供しています。
Perioment.SA-Ⅰで免疫力低下の原因の一端である歯周病菌を駆逐し、さらに免疫力強化を図りたい方には、採取したNK細胞を分化・培養し、再び血液内に戻す免疫細胞療法(=NK療法)との併用をお勧めします。

Perioment.SA-Ⅰ+NK療法で万全な治療効果を体感してください。
※効果には個人差があることが予想されます。

電気分解水(高濃度次亜塩素酸水)とは?

電気分解水(高濃度次亜塩素酸水)とは人間の血液中にある、免疫成分の次亜塩素酸(HCIO)という成分を高純度の塩と水を電気分解し作った電解機能水です(食品添加物認可)。強い殺菌力があり口腔内の中の洗浄と除菌に用います。また、汚れを分解洗浄した後に除菌力が上がるため、虫歯や歯周病の予防に効果があります。

白血球は活性酸素を利用してHCLO(次亜塩素酸)を生成し細菌を死滅させます。

次亜塩素酸は、人体に元来備わっている殺菌成分です

●次亜塩素酸(HCLO)は、白血球(好中球)の持つ殺菌能力の本質です。

  • 人間の体内で、白血球が細菌を殺す過程で、主に作用しているのは、「次亜塩素酸」といわれています。
  • 次亜塩素酸を用いた治療法は、この殺菌力と安全性に着目した治療法です。
  • 口腔内の治療個所を約10秒で消毒できます。

白血球は活性酸素を利用してHCLO(次亜塩素酸)を生成し細菌を死滅させます。

PC版 / スマートフォン版